体験談

体験談

ダウンタイムはありますが、希望の目元になれると考えると我慢できました

二重術・目頭切開・涙袋 二重 30代 / 女性
施術内容
二重術(切開法)
30代
 / 女性

もともと二重でしたが、もっと幅を広くしたいと常に思っていました。長い間考えていたので、勢いもあってカウンセリングを予約し、先生の話を聞いて、すぐ手術を決めました。
麻酔の注射が少し痛かったですが、後は感覚がなくほとんど分かりませんでした。
3日間はなるべく傷に触れないように、また、温まりすぎたり、濡らしすぎたりしないように注意をして過ごしました。切開法のため、腫れが落ち着いて仕上がりまで1ヶ月くらいかかりました。やはり内出血が出ますし傷跡もしばらく気になりますが、希望していた目元になれると考えると我慢できました。
私は「手術を受けよう」と、ある程度考えてからカウンセリングに伺いましたが、やはり実際にドクターから説明を受けたり、症例写真を見せていただくと、一人で悩んだり調べたりするよりも理解が深まると思います。
また、二重の幅はシミュレーションをしていただくと具体的なイメージもつきやすいです。
質問にも丁寧に答えていただけたので、聖心さんを選んでよかったと思います。

目ヂカラのあるようなくっきりとした二重ライン、腫れぼったさのないすっきりとした二重まぶたを望まれる方には、二重術切開法をおすすめすることがあります。
切開法は、余分な皮膚や脂肪を除去することで二重のラインをつくっていくため、まぶたの厚みや状態によっては元に戻ってしまうこともある埋没法よりも、安定的で確かな効果が出せるからです。
傷跡やダウンタイムを懸念される方も多いと思いますが、二重のライン上にうまく傷跡をかぶせて、できる限り目立たないように配慮した手術を行います。また、腫れや内出血を軽減するシンエックという処方薬や漢方薬もご用意していますので、手術を受けられた際にはあわせてご紹介させていただきますね。

中辻 隆徳 医師
広島院 院長
中辻 隆徳 医師