体験談

体験談

周囲から「目もとがすっきりした」と言われます

目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂 たるみ 30代 / 女性
施術内容
眉下リフト(眉下切開法)
30代
 / 女性

職場で”目がもったりしている”、と言われ、自分でも気にし始めました。まぶたが二重ラインにかぶっているな、とも感じていました。
昔から無意識のうちに眉を挙げる癖があり、始めは眼瞼下垂ではないかと思っていたのですが、ドクターからすすめられたのは「眉下リフト」という眉毛の下に沿ってまぶたを切開し、たるみを改善する治療でした。

同じ手術の症例写真を見せていただき、長年の症状を解消したいと手術を受けることを決心。切開と聞くと痛そうですが、術中は麻酔の痛みのみで、終わった後の痛みも激痛レベルのものではなく、痛み止めが切れた際に、しみるような痛みを感じる程度でした。
傷痕は一番心配でした。1週間後の抜糸が済めばメイクで隠すこともできますが、1ヶ月くらいは切開痕にやや凸凹があり、眉毛が描きにくかったです。3ヶ月もするとすっかり見た目に分からなくなりました。
周囲からは「目もとがすっきりした」と言われます。自分でも”もったり感”がなくなり、パッチリしたなと感じています。

まぶたのたるみ治療について色々と調べてこられた患者様でしたが、たるみの状態を拝見して、眉下リフトをおすすめしました。
この治療では、眉毛下のラインに沿うように切開しますので、眉毛に隠れて想像よりも傷痕は分かりにくいと思いますし、実際に手術を受けられた方もそうおっしゃる方が多いですね。
術後はまぶたの重さが解消され、若々しい印象になります。昔に比べて二重の幅が狭くなってきた、ぼやけてきた、といった方にもおすすめです。かつての二重ラインが戻りますよ。

鎌倉 達郎 医師
統括院長・大宮院 院長
鎌倉 達郎 医師