美容皮膚科の美容コラム

美容コラム

何とかしたいニキビ跡!どのような治療方法がある?

美容皮膚科
何とかしたいニキビ跡!どのような治療方法がある?
  1. どんな治療方法があるの?
  2. キレイになれるまで、どれくらいの時間が必要?
  3. 気になる治療後のダウンタイム…
  4. 自分で手に負えない場合はクリニックに相談を!

顔や背中にできるニキビを早く何とかしたいために、触ったり潰したりした結果、ニキビ跡が残ってしまったという経験を持つ人も多いことでしょう。セルフケアで目立たなくさせる方法もあるようですが、自分でどうにもできない場合は、美容クリニックで治療ができます。
そこで、美容クリニックでのニキビ跡の治療方法について、ご紹介いたします。


|どんな治療方法があるの?


単にニキビ跡といっても、クレーターのように凹んだものばかりではありません。赤みを帯びたもの、シミのように色素沈着したものなどもあります。ですから、ニキビ跡の治療もニキビ跡の状態に合わせて行う必要があります。


赤みを帯びたものや色素沈着したものには「ケミカルピーリング」や「レーザーピーリング」といった古い角質を取り除き、新しい綺麗な皮膚の生成を促す方法が用いられます。ニキビ跡の赤みは、ニキビが炎症を起こしたときに治る過程で毛細血管が増えたり、拡張したことが原因になっていることがあります。その場合には「フォトフェイシャル」も有効で、IPLと呼ばれる光を肌に当てることで、毛細血管を収縮させ、赤みを抑える効果があります。


また、クレーターのように凹んでしまったニキビ跡には「イントラセル」というラジオ波を当てる方法が有効です。真皮層に直接働きかけ、コラーゲンを生成して新しい肌を作ることで、凹みを無くします。メラニンの生成も抑えるため、色素沈着したニキビ跡にも効果が期待できます。


「PRP皮膚再生療法」と呼ばれる自分の血液を利用した治療法もあります。血液の中の「血小板」には“成長因子”と呼ばれる、身体の細胞を元気にして若返らせる成分があり、この成長因子が放出されることによって、ニキビ跡の治療にも効果を発揮します。


|キレイになれるまで、どれくらいの時間が必要?


キレイになれるまで、どれくらいの時間が必要?


では実際に治療を始めたとして、どれくらいの期間でキレイになれるのでしょうか?
まずはピーリング。ケミカルピーリングもレーザーピーリングも、基本的に3ヶ月程の時間が必要になります。ピーリングが行えるのは2週間に1回で、少なくとも3~5回は行うのが一般的です。複数回に渡ってピーリングを繰り返すことで、肌の大半が綺麗な状態に生まれ変わります。


しかし肌質やニキビ跡の程度によっては、3~5回以上のピーリングが必要な場合もあるため、中には1年ほどクリニックに通院する人も見られます。


フォトフェイシャルも3週間に1回程の間隔で行い、5回以上施術を受けることで効果を実感しやすいでしょう。そのため、治療までにかかる時間は最低でも4ヶ月、人によってはそれ以上の場合もあります。クレーターのようになったニキビ跡に効果のあるイントラセルは1ヶ月に1回を目安に、数回通うのが一般的ですが、1回の施術でもかなり効果が得られます。


PRP皮膚再生療法は、注入した部分を肌の内部からゆっくりと修復していく治療法です。ですから何ヶ月か経った頃から、じわじわと効果が現われ、効果は3年以上維持します。施術回数は1回です。


|気になる治療後のダウンタイム…


気になる治療後のダウンタイム…


ニキビ治療跡のダウンタイムは、治療方法によって大きくことなります。ケミカルピーリングやレーザーピーリングには、基本的にダウンタイムはありません。しかし、施術直後のメイクが毛穴を塞いで効果を半減させてしまうと言われているため、施術当日のメイクを控えるように指導を行っているクリニックも見られます。


フォトフェイシャルにもダウンタイムはなく、施術後からメイクが可能な場合がほとんどです。イントラセルの場合は1週間ほど赤みが残り、照射の翌日から肌がカサカサしますが、それは表皮の下に新しい皮膚が作られている証拠です。その後、かさぶたが剥がれ落ちるようになれば肌のザラつきが消え、綺麗な肌に生まれ変わっていきます。


PRP皮膚再生療法は、稀に注入部分に内出血や腫れなどが現れることがありますが、3日~2週間程度で落ち着いていきます。処置後、数時間でメイクも可能です。


|自分で手に負えない場合はクリニックに相談を!


自分で手に負えない場合はクリニックに相談を!


ニキビ跡は時間と共に良くなりそうな気がしますが、場合によっては肌の深い部分にまでダメージが及んでいることもあります。そうなってしまってはセルフケアで治せる可能性はかなり低く、治療にはプロの手を借りる必要があるでしょう。


しかし、治療には時間をおいて数回の通院が必要となるものが多いため、効果が実感できるようになるまでには半年から1年ほどかかってしまいますが、それだけ肌を傷つけてしまったということです。キレイになった自分を想像するなど、過程を楽しみながら通院すると良いかもしれませんね。


ダウンタイムを伴う治療法を受ける場合に人目が気になるのであれば、ゴールデンウィークや夏休みなどの長期連休や、週末等の休みを利用して、治療を計画する方法もあります。ピーリングは紫外線対策をしっかり行う必要があるので、紫外線の強くない冬の時期に行う人もいるようです。


お肌がキレイになるとコミュニケーションや恋愛に自信が持てるようになり、背中がキレイになるとプールや海水浴が楽しめる他、背中の開いたトップスが着られるなど、ファッションの幅も広がりそうですよね。
ニキビ跡で悩んでいるならば、美容クリニックに足を運んで一度相談をしてみてはいかがでしょうか。


聖心美容クリニックの美容皮膚科施術一覧へ