脂肪吸引の美容コラム

美容コラム

脂肪吸引のメリットは、身体をデザインできる「部分痩せ」にあり!

脂肪吸引
脂肪吸引のメリットは、身体をデザインできる「部分痩せ」にあり!
  1. 脂肪吸引で部分痩せができる理由
  2. リバウンドの可能性は?
  3. 脂肪吸引による部分痩せのデメリットについて
  4. 賢く利用して部分痩せ

一般的に、ダイエットをすると全身の脂肪がまんべんなく落ちていきます。トレーニングによってピンポイントで身体の一部分を引き締めることはできても、一部についた脂肪だけを無くすのは通常不可能です。
しかし、中には特定のパーツが気になるだけで他の部分は痩せたくないという方もいらっしゃることでしょう。それでは部分痩せに有効な方法は全くないのかというと、そうではありません。部分痩せができる方法が脂肪吸引なのです。


|脂肪吸引で部分痩せができる理由


脂肪を溜め込むタンクのような役割を持っている細胞を「脂肪細胞」といいます。この脂肪細胞の数は幼少期に決定し、その数は生涯変わりません。私達が大人になって、何かの拍子に「太ってしまった」と感じるのは、身体にある脂肪細胞の数が増えたせいではなく、元々存在していた脂肪細胞が余分な脂肪で膨張してしまったからなのです。


そのため、通常のダイエットにおいては、必然的に膨張した脂肪細胞を小さくすることを目指すことになります。対して、美容外科で行っている脂肪吸引における目的は全く異なります。膨らんだ脂肪細胞を小さくするというよりも、脂肪細胞の数自体を減らし、局所的にアプローチするというところに特徴があります。施術では皮膚の下にカニューレを挿入し、皮下脂肪組織内の脂肪細胞を吸引していきます。吸引された分はもれなく体外に排出されるので、数を減らせるという仕組みです。


結果どうなるかというと、脂肪細胞が減っている分、脂肪を溜め込みづらくなります。そのため部分痩せにつながるというわけです。


|リバウンドの可能性は?


リバウンドの可能性は?


脂肪吸引による部分痩せにおいては、吸引した箇所の脂肪細胞の数を減らすことができるというメリットがあります。吸引した箇所では脂肪を溜め込む脂肪細胞の数そのものが減るため、痩せた部分に関してはそのあとも脂肪がつきにくい状態を継続できます。そのため部分痩せした部位については、その後もリバウンドの可能性は少なくなっていると言えるでしょう。


ただし、いくら脂肪細胞を減らすといっても、脂肪吸引ですべての脂肪細胞を取り除くのは不可能ですし、可能だとしても行ってはいけません。体脂肪は増えすぎている状態が問題なのであって、美しい身体のラインを保つためには、ある程度の脂肪も必要だからです。仕上がりを自然なものにするためにも、施術ではある程度の皮下脂肪は残します。


ですから、いくら数を減らせたとはいっても、残った脂肪細胞が膨張してしまう可能性は残っています。そのため、施術後に暴飲暴食をしないなど、ある程度の努力は必要です。逆に施術をきっかけとして、食生活や運動などの生活習慣を見直せば、術後の仕上がりを長くキープすることが可能になります。


|脂肪吸引による部分痩せのデメリットについて


脂肪吸引による部分痩せのデメリットについて


継続的な部分痩せを可能にする脂肪吸引ですが、いくつかのデメリットがあることも知っておきましょう。


1つ目は手術後のダウンタイムの存在です。脂肪吸引では皮下組織にダメージが加わります。それが元の状態に回復するのに必要な期間がダウンタイムです。
この期間には痛みやむくみなどの症状が出ます。これらの症状は時間が経つにつれて次第に落ち着いてくるものですが、生活に支障が全く出ないというわけにはいきません。ダウンタイム中の症状を抑えるために、ガードルなどによる患部の圧迫固定が絶対的に必要になりますし、吸引した部位によってはある程度の運動制限が課せられることもあります。


2つ目は、手術方法やドクターの技術力の違いによって、仕上がりにも差が出るということです。手術方法や技術力の違いは、術中術後の痛みにも関係してくる部分ですし、せっかくキレイになるために脂肪吸引を受けても、見た目を損なう結果になってしまうと、痩せた喜びよりも精神的な苦痛の方が大きくなってしまう可能性があります。ですから、施術方法や医師をきちんと選ぶことが重要です。


|賢く利用して部分痩せ


賢く利用して部分痩せ


自分のなりたい身体を実現するボディデザインという面で、脂肪吸引には優れた点があります。しかしデメリットがまったく存在しないというわけではないのも事実です。そのため施術を検討する際には、これらのデメリットをきちんと考慮しなければなりません。
例えば仕事を持っている人では、手術後しばらくは休暇が必要な場合もあります。この場合、手術前後のスケジュールの調整が不可欠です。


さらに脂肪吸引は麻酔を伴ったり、身体にメスやカニューレを入れることになったりなど、医師の技術力が問われる施術です。症例が多い、あるいは、熟練した医師が在籍しているなど、カウンセリングに行く段階できちんとしたクリニックを選ぶ必要があります。脂肪吸引は健康保険が適用されず、自費診療扱いの治療です。そのため、ある程度の出費は覚悟しなければなりません。


クリニックによって施術の料金には幅がありますが、値段の安さだけでクリニックを選んでしまうのはおすすめできません。一生に関わることですので、多少値段が高くても、安全性重視および技術力重視のクリニックを選択することが推奨されます。
脂肪吸引のメリット、デメリット双方を踏まえたうえで、信頼できるクリニックで施術を受けることが、キレイなボディラインを手に入れる秘訣なのです。


聖心美容クリニックの脂肪吸引施術一覧へ